笑顔の女性

妊娠線予防は意外と簡単【妊娠中に行なう肌ケアを伝授】

妊娠中にケアする

美容クリーム

妊娠線クリームを使う上で気をつけることは、使い始める時期です。妊娠4ヶ月くらいから毎日、ケアすることが大切です。少子化の時代であっても、出産後も美しくありたいと思う方が増えていくと予測されるので妊娠線クリームの需要は高まっていくことでしょう。

妊婦の肌の変化と対策

マタニティ

妊娠中に出来る白い線

妊娠線は、出産経験がある女性の70%ができるといわれている白っぽい線のことです。主にお腹やお尻、太ももといった脂肪が多い場所にできます。妊娠線ができるのは、妊娠してお腹が大きくなり、体重が増え始めた頃からです。これは、皮膚の下にある真皮が引っ張られ裂けることが原因といわれています。しばらくは赤紫色の細い線ですが、次第に白い線に変わっていきます。縦に何本も出来た白い線は、出産後も消えることなく残ります。赤ちゃんが生まれるのは嬉しい事ですが、妊娠線は予防したいですよね。妊娠を考えた時から対策を行えば妊娠線を予防することが出来ます。体が小柄な女性でも妊娠線が出来る可能性がありますので油断せずに対策をしましょう。

対処方法

では、妊娠線を予防する方法を述べていきます。まず、妊娠線が出来る原因は体重が増えすぎたことにあります。ですから妊娠中は体重増加が10キロ以下になるように心がけましょう。小柄で痩せている女性は皮膚に余裕がないので妊娠線ができやすいといわれていますので、やはり、体重の増加に気を付けて下さい。体重の増加に気を付けながら、もう1つ注意したいのが皮膚の乾燥です。皮膚が乾燥していると柔軟性が少ないので妊娠線が出やすいといわれています。皮膚に柔軟性を持たせるには、オイルやクリームなどで油分を補うと効果的です。妊娠線ができやすいお尻やお腹、太ももに塗り込んで保湿ケアをしましょう。近年では専用のオイルやクリームが市販されており手軽に購入することができます。皮膚が乾燥していると感じた時や入浴後に気になる部分に塗って下さい。妊娠前から出産後もオイルやクリームで保湿することで予防することができます。

顔の印象を良くするには

美容液

美容液を使ってほうれい線を目立たなくさせるならば、保湿効果が高いものを使うことが大切です。またできるだけ深くなる前に使い始めるとよいです。美容液自体は簡単に手に入れることができますが、使われている成分などを見てほうれい線の状態にあわせて利用することです。

妊娠時に気をつける事

妊婦

妊娠線の予防にはクリームが有効で、そのクリームの購入方法には薬局やベビー用品専門店に直接出向く方法や、インターネットが普及しますます便利になった現在、インターネットを通して購入し直接自宅に届けてもらうのも良い購入方法です。